転用禁止

FORDAYS 品質

列印此頁

フォーデイズ製品の安全性の概要

核酸飲料 天然 DN 膠原

檢驗項目 概要 實驗‧檢查單位 實驗方針‧實驗方法概要 結果概要
毒性試験 單次口投
毒性試驗
(大白鼠)
BILIS
環境研究所
依據醫藥品毒性實驗法
(藥審1第24號 1989.09.11)
不適用於GLP
LD50>10,000mg/kg
無死亡,亦無外表、
解剖上的異常。
單次口投
毒性試驗
(小鼠)
日本食品
分析中心
OECD Guidelines for the Testing of Chemicals 401
(1987)不適用於GLP
LD50>2,000mg/kg
無死亡,亦無外表、
解剖上的異常。
28日反覆口投
毒性試驗
(大白鼠)
BILIS
環境研究所
依據醫藥品毒性實驗法
(藥審1第24號 1989.09.11)
不適用於GLP
NOAEL>5,000mg/kg
無死亡,亦無外表、
解剖上的異常。
血液檢查亦無異常。
安姆氏
測試法
(Ames Test)
BILIS
環境研究所
依據日本勞動省告示第77號
S63及第67號 1997年,
不適用於GLP
陰性反應
檢驗項目 概要 實驗‧檢查單位 實驗方針‧實驗方法概要 結果概要
有害物質分析 戴奧辛類 環研單位 食品之戴奧辛類及Co-PCB暫定檢測法(日本厚生省 1999.10)不適用於GLP 0.0019pg-TEQ/1
每日攝取50ml時,
容許攝取量約為200萬分之1,
日本人平均攝取量的約72萬6千分之1
農藥殘留性 日本食品
分析中心
測定BHC、DDT、阿特靈、地特靈、馬拉松農藥之GC法 未驗出。
日本食品
分析中心
GC-MS法 未驗出(24~380天後)。
砷、鉛、
鎘、汞、
日本食品
分析中心
原子吸收光譜法、
ICP發光分析法
未驗出。
檢驗項目 概要 實驗‧檢查單位 實驗方針‧實驗方法概要 結果概要
微生物檢驗 一般生菌數、
黴菌、沙門氏菌
日本食品
分析中心
標準寒天平板培養法、馬鈴薯葡萄糖寒天平板培養法、增菌培養法 一般生菌數<30/ml
黴菌:陰性/ml
沙門氏菌:陰性/25ml
  • 放射能分析結果
  • 当社では、日ごろより品質管理体制を確立させ、製品の安全性確保に努めております。東日本大震災発生後は、さらにお客様への安全・安心をご提供するため、原材料の供給先において放射性物質の確認を実施しておりますのでご報告いたします。

Immuno Vital(三菇)

試験項目 概要 試験・検査機関 ガイドライン・試験法概要 結果概要
毒性試験 単回投与経口
(ラット)
SRD
生物センター
医薬品の製造(輸入)承認申請に必要な毒性試験のガイドラインについて(薬審1第24号 H01.09.11)、単回および反復投与毒性試験ガイドラインの改正について(薬新薬第88号 H05.08.10)、GLP非適用 LD50>10,000mg/kg
死亡、外見的異常、
剖検的異常はなかった。
28日間反復投与
経口毒性
(ラット)
SRD
生物センター
反復投与毒性試験に係わるガイドラインの一部改正について(医薬審第655号 H11.04.05)、 OECD Guideline for Testing of Chemicals 407、GLP非適用 NOAEL>300mg/kg
死亡、外見的異常、剖検的異常はなかった。
血液検査においても
異常はなかった。
復帰突然変異
試験
(Ames Test)
SRD
生物センター
医薬品の遺伝毒性試験に関するガイドラインについて(医薬審第1604号 H11.11.01)および日本化粧品工業連合会編化粧品の安全性評価に関する指針(H13.3.30)、GLP非適用 陰性

天然RNA EX

試験項目 概要 試験・検査機関 ガイドライン・試験法概要 結果概要
毒性試験 単回投与経口
(ラット)
環境バイリス
研究所
医薬品毒性試験法ガイドライン
(薬審1第24号 H01.09.11)
準拠、GLP非適用
LD50>5,000mg/kg
死亡はなく、外見的異常や
剖検的異常も見られなかった。

Mesima phagos (桑黃)

試験項目 概要 試験・検査機関 ガイドライン・試験法概要 結果概要
毒性試験 単回投与経口
(ラット)
環境バイリス
研究所
医薬品毒性試験法ガイドライン
(薬審1第24号 H01.09.11)
準拠、GLP非適用
LD50>5,000mg/kg
死亡はなく、外見的異常や
剖検的異常も見られなかった。
微生物分析 一般生菌数、
大腸菌
日本薬品工業 標準寒天平板培養法、
食品、添加物等の規格基準
(昭和34年厚生省告示第370号)
一般生菌数<3,000/g
大腸菌:陰性

Mousa 肌膚保養系列

檢驗項目 概要 實驗‧檢查單位 實驗方針‧實驗方法概要 結果概要
安全性試験 人體貼布試驗 日本毛髮
化學協會
讓20~59歲的成人男性13名、女性22名,分別貼附浸漬海德拉滋養霜(Hydra Rich Cream)、海德拉化妝水(Hydra Lotion)、溫和潔顏乳(Gentle Cleansing Milk)、海德拉牛奶精華液(Hydra Milk Essence)、完美面膜(Complete Mask)0.01g之貼布24小時。 以無反應(-)~大型水皰(++++)之6階段進行評估。
除一名28歲女性使用完美面膜(Complete Mask)後出現輕微紅斑(±)外,其餘未出現異常(-)。

安全性

下一頁